Adobe® Flex™ Air® Flash™ によるWebシステム受託開発からトレーニングまでをトータルにサポート

Webシステム開発.com-20年の実績をベースに高品質で低価格のシステム構築をワンストップ提供

Adobe® Flex™ Air® Flash™ によるWebシステム受託開発からトレーニングまでをトータルにサポート

ホーム >  システム開発トップ

システム開発事例

Adobe® Flex™ Air® Flash™ によるシステム開発

AIR 2.0 サンプルアプリケーション

RIA(リッチインターネットアプリケーション)デモ

Adobe® AIR2.0 の新APIを駆使したコミュニケーションサンプルアプリケーション「airPort」は2009年11月にAdobe AIR2.0 Dayにて紹介させていただきました。

このサンプルアプリケーションの詳しい紹介は Adobe AIR デベロッパセンターの記事「ネットワークAPIを活用するアプリケーションairPortの紹介」でご覧いただけます。

ネットワークインフラの定着により、クラウドのような形態が示唆されていますが、どのような状況になっても主役は利用者であるクライアントです。OSやブラウザの制限を受けることがないAIRはWeb環境のデスクトップアプリケーションインフラとして最適な選択肢であることは間違いありません。その可能性を示す例としてairPortを作成しました。airPortはAIR APIの可能性を示すアプリケーションとして、LCDS3への対応など、今後も機能拡張を続けてゆきます。

AIR 2.0アプリケーションairPortの概要

概 要 AIR 2.0 のネットワークAPIを駆使したコミュニケーションツールです。リアルタイムチャットやファイルの送信などを手軽に行うことができます。
プラットフォーム Windows, MacOS X、Linux
配信形態 AIRインストーラ
クライアントインフラ Adobe AIR 2.0 ランタイムが必要です
紹介サイト Adobe AIR Dayイベントレポート ( http://www.adobe.com/jp/joc/events/airday/page2.html )


Adobe AIRデベロッパーセンター ( http://www.adobe.com/jp/devnet/air/articles/airport.html )

実行イメージ

airPortの実行イメージは次のようになります。ローカルネットワーク上のairPortユーザどうして自由に情報の送受信を行います。

システム構築のポイント

Webシステムを構築する際のポイントは次のような点が挙げられます。

  • サーバ・ネットワークインフラについては信頼性が高く、パフォーマンスの優れたものを選択、使用する
  • システム面のインフラについては実績があり、ある程度「枯れた」技術を採用する
  • プログラム開発、ネットワーク、サーバ、UIデザイン各分野に精通した技術者/デザイナで開発を進める
  • システムの規模に応じた冗長化構成を取る

Flex/AIRによるシステムの構築を検討されている方

長年のIT構築経験により蓄積したスキルをベースに、開発ソリューションを提供します。
システムの構築を検討されている方でお問い合わせをご希望の方は、こちらからどうぞ。

キーワード検索

IT技術習得スクール
ITスクールIT塾

Java,VB.NET,C++プログラミング
Flex,Flash Web開発
Solaris, Linux, Windowsサーバ
IT基礎技術(CompTIA)
トレーニングスクール

システム開発に関するお問い合わせはこちら
オンライントレーニング 申し込みはこちら
Adobe® Air™ ダウンロード
AIR サンプル & 構築例
Flex サンプル & 構築例